未曾有の災害を体験

HOME | 未曾有の災害を体験

体験

An unprecedented disaster experience

未曾有の災害を体験

〜2012年7月九州北部豪雨〜

 2012年7月14日は、未明から今まで経験したことのないような激しい雨に見舞われていました。午前7時過ぎ、上司より緊急招集がかかりましたが、すでに市内いたるところが冠水しており、市役所にたどり着くのも大変な状況でした。災害対策本部で状況を確認すると、星野村が孤立、山下地区が床上浸水、矢部川が決壊の恐れ等々、情報が集まる中でも災害の全容は未だつかめない状況でした。
 幹線道路が寸断された星野村をはじめ八女市内でも7,000人余りが孤立状態にありました。私は、生活再建支援金の相談と申請手続対応に当たるとともに、被災者の浸水家屋の家財搬出や室内に流入した泥の除去などのボランティア活動に参加しました。
 こうした大規模災害時の国や県の支援体制は多岐にわたり、人命救助、被災者救援、避難所応援から、被災住民の生活再建、被災地の復旧復興まで多くの課題があります。被災された方の心のケアや速やかな生活再建に向けて、国の災害対策スキームを地域の住民に寄り添う支援に変えていく必要性を強く感じました。

あおき剛志災害対策1
あおき剛志災害対策2